お家でタイクッキング!かんたん処方で本場のテースト

中華スープの素気のタイごちそう。
トムヤムクン、ガパオごはん、グリーンカレーなどなど。
暑いタイならではのハーブやトウガラシを使った元気で痩身にも
効力が要求出来そうな点も人気の意義の一部なんでしょうね。
そういう注目のタイごちそう、ご家庭では実に成分も揃わないので作るのは難しい。
でも、作ってみたいという人間にスーパーで買える根底で元祖に間近い味を
再生見込める(?!)ふとした通報をお知らせします。

今回は、人気急上昇のガパオライス。
タイ語では、パッガパオ。扱うお肉によって、鶏肉ならパッガパオガイ、
豚肉なら、パッガパオムーとなります。
目玉焼きをトッピングするなら、パッガパオガイ/ムー、カイダーオとなります。

ひとまず、メインのガパオ(スイートバジル)がずいぶんありませんね。
なので、俺はシソの葉を使用します。
相応しい悪臭でガパオにも負けてませんよ。
体積は、でまかせだ(笑) いやにかんたんなので正邪おテスト下さい。

フライパンで、ニンニク(乾燥ものでも良好)、生トウガラシまたは鷹の爪(おこのみで)炒める。
悪臭が出たら、鶏肉または豚肉をいれ炒める。(お肉はミンチまたは、小さめに下回る)
インゲン(1センチ身近に下回る)やお好みで人参(小さめのイチョウ切り)、赤子とうもろこし(輪切り)を
与え炒める。
中華スープの素を小さじ1身近、オイスターソースを大さじ2近く入れて炒め、水をまだまだくわえる。
シソの葉を加えて完了。

あとは、飯の上に↑のガパオをかけて、目玉焼きをのせる。
生トウガラシとニンニクスライス、レモン汁をくわえたナンプラーをお好みで見張ると
まさに本場の味!
夏に向けて願わくは。http://xn--eckrh3f3cub8dycua1f.xyz