安売り合戦が日本の経済を低下させているのでは

週に一度の休みは、最近はショッピングにハマっています。最近は夏のセールが続き特に服関係が非常に安いですね。50%OFFや70%OFFなど消費者の私たちからすると嬉しい限りですが、こんなに安くして本当に儲けがあるのか不安になります。と、いうのもある著書を読んでいると、日本は安さの合戦になっていて、経済は本当に回復しているのかという点にすごく共感しました。安売り安売りで他社に勝ったとして利益の率は下がるだけですので、悪循環そのものです。逆にいうと中国や東南アジアでは、日本よりも飲食代が高い所が増えているそうです。そうなんです、東南アジアには富豪が増えてこれからバブル期に入るからでしょうね。東南アジアから日本に来る方々も増えていますが、それは、お金持ちになったから来ているわけで、日本は安いし安全だから人気があるようです。このまま、安売り合戦が続くことでいったい日本の経済成長は伸びていくのでしょうか。不安になる毎日です。借金 相談