家事を効率良く済ませる方法とコツを紹介します

時短家事は手抜き家事と紙一重。
自分でやらなくても良い事は人や道具を上手く使ったり、同じ家事をするなら「どんなやり方が時間がかからないかな」工夫しながら短時間でやる家事のことです。
沢山の時短家事の中で使える方法を紹介いたします。
【洗濯】時短家事として実践しているのが洗濯物を分けて置く事です。仕分けた洗濯物に合わせてすすぎの回数を少なくしたりするのも時短になり、
急いで洗濯しなくても良い物は数日分纏めて洗うのもコツです。また、朝に洗濯をするより夜の方が時短だけでなく効率も大幅にアップします。
夜に洗濯→その場で干す→一晩そのまま(換気扇や除湿器を使用しながらでも良いと思います。)天気が良ければ外に干す事もできますし、雨の場合はそのままで。
洗濯してその場で干す所までは時間短縮になりますし、オール電化ですと夜の電気料金の時間帯にやる事で節約にもなりますね。
【掃除】掃除道具は見える所に配置して置く事です。直ぐに掃除が出来るように、片手で簡単に掃除できるような道具を見える所に置いておきましょう。
そして汚れが軽いうちにマメに掃除をすると良いでしょう。汚れが溜まると掃除するのも一苦労ですし大変です。ちょこちょこ掃除をする事で綺麗な状態を保つ事が、
掃除の時短テクですね。そして日々の掃除はルンバ等の自動掃除機に任せるのも時短掃除の一つです。費用対効果を考えないといけませんが、掃除機をかける時間が無いと、
悩んでいる方にはかなりのお勧めの方法です。私の周りの持っている人は「出かけている間に部屋が綺麗になって便利」と言っています。
【お風呂】お風呂からあがる時はシャワーで水を風呂場全体に撒く。これはお風呂掃除の時短テクの一つです。
お風呂で1番困るのがカビですね。カビの原因は室内で体を洗ったソープ類の泡が壁に飛んだり、湯気で浴室内がジメジメしている事です。
その原因を簡単に取り除く方法がこれです。水をかけるだけだったら毎日でも出来ますね。
【料理】炊飯器を使う。炊飯器をご飯を炊く為だけの道具ではありません。ご飯を炊きながらゆで卵を作るのは昔ながらの方法で、
今では料理からお菓子作りまで色々なレシピも紹介されています。時短のコツは纏めて作る事です。
纏めて調理はその時に時間を使っても、毎日の食事の準備を短縮させてくれます。野菜の下ゆで等も大きな鍋にあくの少ないものからどんどんやって行けば、
お湯を沸かす時間も短縮されます。
以上の様に簡単では御座いますが、家事を効率良く済ませる方法とコツを紹介致します。是非試してみて下さい。http://www.diecuttingpunches.com/